自分勝手な妄想を膨らませるわがまま客(千葉・デリヘル)

千葉・船橋のデリヘル「B」の西田店長は、3軒のデリヘルを渡り歩いて修行。2年前に「B」のオーナーに声をかけられて入店し、1年前に晴れて店長に昇進した。

そんな西田店長の営業方針は、

・受付の電話にかけてきたお客様を逃さない

・お客様の要望に応えてリピートさせる

・指名客をつかまえる

という3つ。西田店長いわく、

「基本はいかに電話で売り込むかということ。正直大変ですよね。でもそれで新規のお客様を捕まえることができれば、リピートしていただかる可能性は高いですから」

そう言って笑顔を浮かべた西田店長。

デリヘルを利用する客の中には、ホームページに乗せているキャストの顔写真を見ながら妄想を思い浮かべ、それを楽しむために確認の電話を入れてくるリピート客の青木氏だ。電話対応に慣れているはずの西田店長も、時にはプッと噴出してしまう彼の要望を書き連ねていこう。

「アヤさんは黒い下着を突けて来てくれるだろうか?」

という要望を口にした青木氏。このときの彼のお目当てアヤさんは、透き通るような肌が魅力的なお嬢様タイプ。どうやらお嬢様が黒い下着をつけているというギャップを楽しみたいようだ。そこで店でストックしていた黒い下着に穿き替えてもらってから、アヤさんを送り出したという。