オーナーの命令で新事務所発足24時間勤務でノイローゼ寸前

「石山、お前が先乗りして、グループ店が後に続けるように、しっかり土台を作って来い。沖縄に進出できれば、全国展開も夢じゃないからな!」ある日、社長に呼び出せたスタッフの石山氏は、前置きもなく新店舗の立ち上げを命令された。そんなこと、昨晩、一緒に食事をしたとき、おくびにも出さなかったのに……。まさに青天の霹靂とはこのことである。翌日から忙しい毎日が始まった。オフィスを決めて、さらな営業許可の申請などなど……。なんとかすべての準備が整い「さあ、今日から頑張るぞ!」と言ったもののスタッフは自分1人だけ。それでもここに沖縄・那覇のデリヘル『Y』の石山店長が誕生したのだ。「オープンしたばかりの頃は、募集をかけてもコンパニオン希望の女性からのコールはない。もちろん客からのコールもない状態でした。広いオフィスにポツンとしてました」客からのコールがあったときは同業者から、コンパニオンを派遣してもらえる手はずは整えてある。早く1人目の客からのコールが鳴ってくれ!祈るような気持ちで電話が鳴るのを待ち続けていたが2日、3日、4日……と、まったくコールがないまま1日が終わるだけだった。有線の音楽が流れるオフィスで、相変わらず1人きりの時間を過ごす。ほかにスタッフがいないので、電話から離れるわけにも行かず、食事はデリバリーにピザばかり。胃もたれまで起こして気分がどんよりしている。「ずっとオフィスに1人きりでいて、ひたすら広告サイトの更新などをして、20時間以上を日が続きました」

窓ガラスに映った自分の姿に「情けない」

ずっとオフィスにいなければいけないので、外に出て必要な備品すら買いに行けない。この頃は、すべてのものをネットショップで購入していたそうだ。「この先、あのときほどネットショップをりようすることはないでしょうね!」いつ鳴るかわからない客からのコールに備えて、プレイのときに使ってもらうローションやバイブ、ローターやセクシーランジェリーもネットショップで購入。「着いた商品をあらためて手にして研究をしました。でも、そのとき窓ガラスに映った自分も姿を見て、ホント情けない気持ちになったものです」半月ほどすると、プレッシャーと不安が入り乱れるようになった石山店長は「うあああ」と意味もなく叫ぶこともあったという。ノイローゼ一歩手前というとき、心配した社長がスタッフを連れてやってきた。こうして、石山店長はあらためて業務を進め、なんとか店を軌道に乗せることに成功。彼は、今でもあの頃のことを忘れず……いや、早く忘れたと言う。

 

口コミ評判最強!福岡の格安デリヘルとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">