ひと月ごとに性病検査をするのは店の安全をアピールするため!

「お客さんにとって怖い話になりますが……」と前置きしたうえで、風俗における性病の現状を話してくれたのは秋元氏。卓越した経営手腕が買われ、ソープランドをはじめ、さまざまなフーゾク店の店長として実力を発揮してきた人間だ。秋元氏いわく、最近の若い女の子はとにかく性病に対して無関心。マトモな知識すら持ってないようだ。性病も早期発見、早期治療することが望ましいので、風俗嬢は毎日病院で性病検査を受けたほうがいいのだが……なぜか面倒くさいと考えるコンパニオンが増えている。さらに1万円の検査費用で自身の安全を買えれば安いはずだが「もったいない!」と、その費用すらケチる有様。それでも性病が発症して自覚すれば、さすがに病院で治療を施してもらうのだろうが、女性にとってクラミジアは自覚症状がわかりくい性病だ。だから発症していながら気付かずに働き続けてしまうコンパニオンもいる。発症しているコンパニオンから接客した客に感染し、その客が別のコンパニオンを指名すれば……それはまさに性病を撒き散らすということで、いわゆるピンポン感染が広がっていくのだ。最悪の場合は店が業務停止という事態もあり得るのだ。面倒くさがりの娘さんたちのために、提携医院に予約してあげたり、それもダメ子には簡易検査キットで検査させたり、あの手この手でどうにか全員検査させてきたという。ホント、みんな、自分の体なんだからもっと大切にしようよ!店長からの切実なるお願いです。 クラミジアでの営業停止はマレ 風俗店では在籍する風俗嬢が毎月1回検査をやっていると、あえて公表している。これには、どういう意味が込められているのか?まず1つめが客に対して「検査をやってますから安心ですよ」というアピールをするため。2つめが「病気になって突然コンパニオンに休まれたり、辞められたりするのを防ぐため」である。ただし、性病検査は法的義務がない。そのため強制できないのが現実だ。だからこそのアピールなのである。先にコンパニオンが客に性病を感染させてしまった場合、最悪、店が営業停止にという事態もあり得ると書いたが、このときに営業停止の判断を下せるのは保健所だ。ただし、これはかなりのレアケース。「性病に感染した」という証拠(治療のために病院に行き、カルテに店名が記されている)がなければ保健所は動かない。エイズ騒動クラスなら一発アウトだが、クラミジア程度で営業停止になることは、確率的に低いだろう。ソープランドでは定期的に保健所が立入検査を行っている。このとき店舗は検査時にスキンやマット、冷蔵庫、テレビ、遮蔽板などを撤去しておかなければいけない。もしも普段のまま検査を受ければ営業停止は免れないはずだ。また、営業停止と聞くと、まず警察関係を思い浮かべるだろうが、こちらは管理買春容疑、未成年者売春幹施及び雇用を対象にしている。さらに営業時間を守らなかった場合も営業停止を適応するのだ。万一、営業停止になれば店は1000万単位の損害を追ってしまう。さらに働く場所を失ったコンパニオンたちが他店に移ってしまうことだって考えられる。そうなれば店の存続すら危うい……。店長にとって何よりも怖いのは、店が営業停止になることなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">